どんな仕事? 収入は? 試験は難しい?
社会保険労務士・お仕事ガイド

合格率は毎年10%以下の難関試験!

試験ガイド ~社労士試験の合格率とは~

社会保険労務士試験は、毎年5万人もの受験者が挑戦する人気の国家資格。
最近10年間の合格率は、およそ7~10%の間で推移していて、国家試験の中でもかなり難易度の高い試験であることが伺えます。
さっそく、最近10年間の合格率を詳しく見ていきましょう。

社会保険労務士試験の合格率(平成12年から21年のデータ)

 

受験者数

合格者数

合格率

平成17年

48,120

4,286

8.9%

平成18年

46,016

3,925

8.5%

平成19年

45,221

4,801

10.6%

平成20年

47,568

3,574

7.5%

平成21年

52,983

4,019

7.5%

平成22年

55,445

4,790

8.6%

平成23年

53,392

3,855

7.2%

平成24年

51,960

3,650

7.0%

平成25年

49,292

2,666

5.4%

平成26年

44,546

4,156

9.3%

この10年間、合格率が10%を超えたのは1度だけです。
社労士試験は、一般的な大学入試などと違って合格者に定員がないので、毎年定められる合格基準点をクリアすれば誰でも合格とみなされます。
それにもかかわらず、10%以下の低い合格率で推移しているということから見ても、この試験が難しい試験であることは明確なようです。

次のページへ >>


おすすめ通信講座

(C) どんな仕事? 収入は? 試験は難しい?社会保険労務士・お仕事ガイド All Right Reserved.