どんな仕事? 収入は? 試験は難しい?
社会保険労務士・お仕事ガイド

自分に合った講座を選ぶことが合格への第一歩

よい通信講座を選択するためには

資格取得への第一歩は、よい通信講座を選ぶことからと言っても過言ではありません。受験のプロである通信講座のカリキュラムには、合格するためのノウハウが詰まっていて、どんな人でも知識が頭に入りやすいよう工夫がなされています。
「独学で5回受験して失敗していたのに、通信講座で勉強したら1回で合格できた」なんて話はざらにあるのです。

しかし、通信講座にも質の良し悪しがあるのは事実です。
高額な受講料を支払っても、市販のものと同じテキストが送られてきたり、法律がただズラズラと列記されているだけのものがテキストと称して送られてきたら、試験を受ける気すら失せてしまいます。 良い通信講座を選び取るためには、ちょっとした見極めポイントがあるのです。
これらを基準に講座の資料を見比べてみると、当たり外れがはっきりと見えてくるはずです。

良い通信講座を選ぶ4つのポイント
1、通信講座専門かどうか
2、テキストや講義DVDに工夫がなされているか
3、受講料が教材に対して適正な価格かどうか
4、サポートが充実しているか


通信と通学を両方解説している学校は多いのですが、サポートやさまざまな場面で通学生を優先していることが多く、通信の受講生がイライラしてしまうことがあるようです。通信専門の学校なら、すべてのシステムが通信生向けにつくられているので、気兼ねなく受講できるというわけです。
テキストや講義メディアについては、言うまでもなく重要項目なのですが、見極めなければいけないのは、受講生が少しでも理解しやすいよう、少しでも勉強に対するハードルが下げられるよう、しっかりと工夫されている教材かどうかということ。テキストはカラーの文字で図やイラストを使って解説してあったり、講義DVDの画質や音質にこだわっているような講座は、なかなか見つからないものです。
受講料については、安すぎても高すぎても良いとは言えません。重要なのは、教材の内容に対して適切な価格であるかどうかです。私の個人的な意見なのですが、社会保険労務士講座の場合、テキストや過去問、講義DVD、法改正や直前の模擬試験などがセットになった講座で、10万円前後というのが適切な価格なのではないかと思います。
最後に、しっかり抑えておきたいのがサポートについて。
挫折せずに勉強を続けられるかどうか、モチベーションを維持できるかどうかのカギを握っているのは、サポートシステムです。学習の進み具合が確認できたり、まめに実力をチェックできたり、サポートが充実しているかどうかもよい講座を選ぶポイントとなるのです。

以上の4つのポイントをしっかりと見極めて、あなたにとってベストな通信講座を選び取ってください。

次のページへ >>


おすすめ通信講座

(C) どんな仕事? 収入は? 試験は難しい?社会保険労務士・お仕事ガイド All Right Reserved.